岡部えつ/朗読

朗読ユニット『業(ごう)』

メンバー

岡部えつ/朗読作品の原作、朗読。
飯田美千香/等身大人形による舞い。
スガダイロー/ピアノ
チェジェチョル/チャング、他

作品『六花(ろっか)』

『雪女』に材を取った怪談。人間の男に恋をし、身ごもり、裏切られた雪女の、情念と哀切と憎悪。それらが村にもたらした災難。

【見どころ・聴きどころ】飯田美千香が作り上げた雪女の人形、儚(はかな)の、真っ白な体を燃やすようにして舞う姿、また、それが鬼と化す早変わりのシーン、スガダイロー氏書きおろしのテーマ曲『六花(りっか)』など。

作品『狢穴の話』

岡部えつの著作『生き直し』の作中にある、村の伝説から生まれた物語。閉鎖的な村の中で、妬みや差別意識など、人の邪心をを背負わされた美しい姉妹の顛末。

【見どころ・聴きどころ】美しい姉娘の人形、ハマゴウのすさまじい凌辱シーン、チェジェチョルが書きおろし、自ら歌うテーマ曲など。

これまでの、岡部えつの朗読活動経歴

2011年6月17日

フリージャズバンドdystopia session/吉田隆一(bs) 瀬尾高志(b) 池澤龍作(dr) スガダイロー(pf)のライブに参加。彼らの音楽とともに『壺』を朗読。@荻窪ベルベットサン。

2011年6月24日

イベント『スガダイロー&velvetsun×ヴィヴィアン佐藤共同企画』 “荻窪ベルベットサンがサラヴァ東京を一日ジャック!!”にて、『縁切り厠』を朗読。朗読ユニットのメンバーは、アナベル(朗読)、岡部えつ(作、朗読)、東保光(音楽/コントラバス、電気大正琴)。@サラヴァ東京

2011年8月18日

イベント『怪談ナイト』(主催ヴィヴィアン佐藤)にて、『アブレバチ』を朗読。朗読ユニットのメンバーは、アナベル(朗読)、岡部えつ(作、朗読)、東保光(音楽/コントラバス、電気大正琴)。@荻窪ベルベットサン。

2011年12月19日

フリージャズバンド『dystopia session/吉田隆一(bs) 瀬尾高志(b) 池澤龍作(dr) スガダイロー(pf)』のライブに参加。彼らの音楽とともに『翼をください』を朗読。@荻窪ベルベットサン。

2012年2月3日

『岡部えつ 怪談朗読夜会』開催。演目『壺』『アカヘビ』『縁切り厠』。岡部えつ(朗読)、東保光(音楽/電気大正琴)。@新宿ゴールデン街『新子』

2013年12月22日

この年結成した朗読ユニット『業(ごう)』の第一回公演を行う。演目は第一部『六花(ろっか)』第二部『狢穴の話』。@荻窪ベルベットサン